一人暮らし 初期費用

一人暮らしに必要な初期費用

一人暮らしって当然普段の生活にもお金の掛かるものですが、一人暮らしを始める際にかかる初期費用なども決して安いものではありません。

例えばアパートなどを借りるとき、東京や関東の場合、

  • 敷金:家賃の2か月分(保証金として最初に預けるお金。そのアパートを出るときには原則として返って来るお金ですが、修繕費などはここから差し引かれます。)
  • 礼金:家賃の2ヶ月分(大家さんに部屋を貸してもらうお礼として出すお金。個人的にはあまり納得のできない支出です。)
  • 手数料:家賃のおよそ1か月分(これは大家さんではなく、不動産屋さんに支払うもの。この料金によって不動産屋さんが良心的かどうかがある程度判断できます。)
  • 前家賃:家賃1ヶ月分(最初の1か月分の家賃は先払いとなります。)
  • 火災保険料:1〜2万円程度。

が必要となる場合が多くなっています。

ですので家賃が5万円とした場合、その家賃のおよそ6ヶ月分であるおよそ32万円がその部屋を借りるだけでも必要となってくるということです。

いきなり落ち込ませてしまったでしょうか。。

そしてさらに一人暮らしを始めるには引越しや家具の購入などの必要も出てきますので、それらに掛かる費用なども次はみていきましょう。

  • 引越し料金:3〜5万円(地域や物の量にもよって変わってきます。)
  • テレビ:3〜5万円程度
  • 洗濯機:3万円程度
  • 冷蔵庫:3万円程度
  • テーブル:1万円程度
  • 合計:およそ15万円

この家電や家具などに関しては中古のものを買ったり、もしくは自分のこだわりで高級なもの買うことによってその金額は大幅に変わってきます。

近頃ではこの家電などの初期費用を安くするために、これらをリースで済ませてしまうと言う方も多くなっていますので、これも一つ考えてみても良いかもしれません。

新生活の家具家電はレンタルがお得!
業界随一の安さ、品揃えをご確認ください。
家具家電レンタルのかして!どっとこむ


一人暮らしにこれだけ費用がかかってしまうと思うとちょっとげんなりしてしまうと言う方も多いかもしれませんが、一人暮らしを考えている人はできるだけ早く、こうした初期費用などは準備しておくようにしたいですね。


このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する