一人暮らし 自炊 食費

自炊をすれば食費を節約できる?

一人暮らし 自炊

一人暮らしをするとなると色々な出費もかさんできますので、誰もがちょっとでもお金の節約を考えるでしょう。
そしてそのときに一番手っ取り早く、また手を付けやすいのが一ヶ月の食費です。

食べ物自体は人間が生きていくために必要不可欠なものですから、流石にこの食費を全て削るわけにはいきませんが、色々と工夫をすることで比較的簡単に節約をすることができるものでもあります。

また人によって食べる量や質によっても外食と自炊でもどちらが安いかというのは変わってくると思いますが、一般的にはどちらが安くあがるのかを簡単に比較しながら見ていきましょう。

外食(コンビニ弁当なども含む)の場合の食費の平均値・・・1500円〜2000円(一日)

これはあくまでざっくばらんな平均値となるのですが、三食をしっかりととって、一食の平均値が500円とした場合の食費となります。

この場合一月が30日であった場合その月の食費は45000円〜60000円となり、結構馬鹿にならない費用となります。

次に自炊をしている人の場合ですが、これは結構人によって大きなばらつきがあるのですが、大体スーパーなどに行くと1週間でおよそ10000円分程度の買い物をする人が多くなっていますね。

これは私個人の感想ですが、ちょっと高すぎのような気もしますが。。

しかしそれでも1週間を4週とするとそれでも40000円程度ですから、単純に考えれば自炊した方が食費は安く抑えられると考えられるでしょう。

ただしこれはあくまで単純な計算ですので、食べ物が腐ってしまったりなどの無駄が増えるのも自炊の方ですし、最初にフライパンや調味料などを揃えなければならないのも自炊の方です。

また毎日自分のためだけのために料理をするというのも、中々に根性の必要な作業となるでしょう。

しかしその分色々な面で工夫ができるのも自炊の利点だともいえます。
実家からお米だけは送ってもらっている人などはそれだけで非常に大きな食費の節約となりますし、しっかりとした食べ物の保存方法を覚えてるだけで、ぐっとまた食費を抑えることもできます。

人によっては月に1万円以下程度に食費を抑えている方もいらっしゃるようですが、あんまり節約にこだわってしまうと今度は健康の面での不安も出てきますので、この二つをうまくバラスンがとれるようにしっかりと食べ物に関しては考えるようにしましょう。



このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する